【テニス】不安の声もどこ吹く風 錦織サーブ改良の狙い  

【テニス】不安の声もどこ吹く風 錦織サーブ改良の狙い  
高田コーチ(右)が錦織のフォームをチェック

 日本テニス界エースの“真意”とは――。右ヒジ故障で昨年8月の全米オープンからツアーを欠場していた錦織圭(30=日清食品)が、国別対抗戦「デビス杯」予選エクアドル戦(6日開幕、兵庫・ブルボンビーンズドーム)で控えに回り、出場を見送った。体調面の問題と説明し、約7か月ぶりの復帰も先延ばしとなったが“40歳現役”を実現するための戦略でもあるという。

 まさか復帰がここまでズレ込むとは…。昨年10月に右ヒジの骨棘(こっきょく)を取り除く手術を受け、1月の全豪オープンを目指してリハビリしてきたが、復帰時期は大きく遅れた。今大会で約7か月ぶりのプレーが見られるかと期待は高まったが、フタを開けてみればエントリー漏れだ。

 錦織は右ヒジについて「だいぶ治ってきて痛みもない」と言いつつ「体調面がまだマックス(最大)ではない」と回避。復帰についても「マイアミ(オープン、24日開幕)になるかもしれないし、クレーシーズン(4月以降)になるかもしれない」とメドは立っていない。今夏には東京五輪が控えるだけに不安は募るばかりだ。

 そんな周囲の心配をよそに、錦織はすがすがしい表情で高田充ヘッドコーチ(50)とともにサーブのフォームをチェック。同コーチがタブレットで撮影した動画をスローで確認する作業を繰り返した。引き揚げる高田コーチを直撃すると「ヒジや手首の負担を減らすためにサーブのフォームを変えているんです」。

 2年前に右手首を故障した際も改良に取り組んだが、今回は本格的な変更という。「とにかくケガをなくすのが第一。サーブのフィニッシュで手首をあまりに使い過ぎ、スナップさせる負担がかかる。打ち終わった後に手首が折れ曲がっていないか、真っすぐかを動画で確認していました」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュース

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月6日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。