【R―1ぐらんぷり】野田クリスタル“無観客Vの秘訣”

【R―1ぐらんぷり】野田クリスタル“無観客Vの秘訣”
トロフィーを手に喜ぶ野田クリスタル

“ひとり芸日本一”を決める「R―1ぐらんぷり2020」の決勝戦が8日、都内で行われ、「マヂカルラブリー」の野田クリスタル(33)が優勝した。今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響により異例の無観客で開催されたが、やはりお笑いの大会で大きな笑い声が聞こえないと違和感だらけ。そんな異様な雰囲気の中で優勝した野田の秘訣は“無観客慣れ”していたことだという。

 今年のR―1は、お笑いのコンテストが前代未聞の無観客開催ということで、お笑い界では大いに注目された。

 大御所たちも興味津々だったようで、「ダウンタウン」の松本人志は前日の7日に「お客さんの笑い声がないと審査員もたいへんだ。センスが問われるからね。明日はしびれるね」とツイート。また明石家さんまは、7日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、「優勝者、変わるぞ」と話していた。

 こうして始まったR―1だが、やはり大きな笑い声が聞こえないと違和感があり、異様な雰囲気が漂った。Aブロックは野田、Bブロックは「すゑひろがりず」南條庄助(37)、Cブロックは復活ステージを勝ち上がった大谷健太(34)がファイナルステージに進出。3人が改めてネタを披露した結果、野田が「ひとり芸日本一」の称号を手にした。

 終了後に行われた記者会見で、勝因について聞かれた野田は「リアルに言うと、ネットの投票が結構強めに入ったから。ネタの内容がゲームだったので、割とネットの方々の支持を得たんじゃないかと」と分析した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「マヂカルラブリー + 筋肉」のおすすめ記事

「マヂカルラブリー + 筋肉」のおすすめ記事をもっと見る

「マヂカルラブリー + 上沼恵美子」のおすすめ記事

「マヂカルラブリー + 上沼恵美子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「井下好井」のニュース

次に読みたい関連記事「井下好井」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. マヂカルラブリー 上沼恵美子
  2. マヂカルラブリー 筋肉

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。