【鉄旅タレント木村裕子の日本全国おもしろ鉄道】前回東京五輪開催の1964年デビュー 初代新幹線0系を堪能!

【鉄旅タレント木村裕子の日本全国おもしろ鉄道】前回東京五輪開催の1964年デビュー 初代新幹線0系を堪能!
元0系の運転士が、当時の秘密を教えてくれました!

 東京五輪が今夏に開催されるのに先駆け、東京都に2つの新駅が開業します。今月14日にJR山手線の高輪ゲートウェイ駅、6月6日に東京メトロ日比谷線の虎ノ門ヒルズ駅です。

 実は、前回の1964年の東京五輪開催時には、鉄道界に新しい路線が生まれました。それが東海道新幹線です。そこで56年前の東京五輪に思いをめぐらせ、当時、一躍世界のスーパーヒーローとなった初代新幹線0系に会いに行ってきました!

 静岡県にあるJR東海道本線吉原駅から岳南電車に乗り換え、吉原本町駅から徒歩約10分。富士市の住宅街の中にある新通町公園に0系が展示されています! 実はここ、日本で一番最初に新幹線を展示した公園なんですよ。土日祝日の10~15時には無料開放されているので、車内に入ることもできます。お手洗いや車内販売室に並んで、当時は画期的だった冷水器もそのまま残っているんです。

 客室には座席とNゲージ模型、鉄道雑誌や資料などがずらっと並びます。さらにすごいのは、運転台に座ってたくさんのスイッチを自由に触れること。私が10年にわたってお世話になっている元0系運転士・にわあつしさんも同行してくださったので、当時のことをおうかがいしてみました。

 にわさんによると「今の新幹線の運転士は1人だけど、当時は2人いたよ。走行中に車両が故障するとランプがつくから、どちらかが直しに行くんだ」。時速200キロで爆走中、運転士自ら修理をするという、いまでは考えられないことを教えてくれました。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月10日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。