ライガー「WWE」殿堂入り!猪木、藤波に続く日本人レスラー3人目

ライガー「WWE」殿堂入り!猪木、藤波に続く日本人レスラー3人目
「WWE」殿堂入りを果たすライガー

 1月4、5日の新日プロレス東京ドーム大会で現役を引退した“ジュニアのレジェンド”獣神サンダー・ライガーが、世界最大プロレス団体の米「WWE」殿堂入りを果たすことが本紙の取材で明らかになった。日本人レスラーとしては2010年のアントニオ猪木氏(77)、15年の藤波辰爾(66)に続く史上3人目の快挙(レガシー部門では力道山、ヒロ・マツダ、新間寿氏が受賞)。ジュニアヘビー級の地位を築き上げた第一人者に、世界が認める新たな勲章が加わった。

 30年8か月にわたる現役生活を終えたばかりの獣神に、最高級の栄誉が贈られる。複数のWWE関係者によると、名誉殿堂「ホール・オブ・フェイム」の2020年度の殿堂者としてライガーが加わることが内定。すでに新日本プロレスと本人にも伝えられたという。

 本紙の取材に応じたライガーは「もちろんうれしいですね。いただけるものは何でもいただきますよ」と豪快に笑った。その一方で、個人の力だけでは決して受賞できなかったと強調する。「僕はとにかく自分が楽しかったらいいというか、プロレスが好きだから好きなことをやろうって思ってた。それを結果的にファンの皆さんが『ライガー面白いよ』『よくやってくれた』ってことになった。だから今回、勲章をいただきましたけど、これは日本、海外のファンの皆さんと一緒に取ったって感じだね」と感謝の言葉を述べた。

 1989年4月24日の東京ドーム大会でデビューし、平成の時代を駆け抜けた。世界のプロレス界にジュニアヘビー級を確立した功績は大きい。90年代にはWCWで世界ライトヘビー級王座を獲得するなど米国マットでも活躍し、海外での知名度も抜群に高い。15年には新日プロ所属選手としてWWE・NXTに参戦。WWEの前身にあたるWWFと新日プロが提携を解消した85年から約30年ぶりに両団体の壁を打ち破ったのも、ライガーだからこそ成し得たことだった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「レスリング + パワハラ」のおすすめ記事

「レスリング + パワハラ」のおすすめ記事をもっと見る

「レスリング + 女子」のおすすめ記事

「レスリング + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. レスリング パワハラ
  2. レスリング 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。