【金鯱賞・後記】左回り克服し快勝サートゥルナーリア 無敵の古馬エースだ

 15日、中京競馬場で行われたGII金鯱賞(芝2000メートル=1着馬に4・5大阪杯優先出走権)は、昨年のJRA最優秀3歳牡馬で単勝1・3倍の圧倒的支持を集めたサートゥルナーリア(牡4・角居)が快勝。最高な形で2020年のスタートを切った。改めてその実力を見せつけたレースを検証しつつ、逸材の今後を展望する。

 戦前の予想通り、今回のメンバーでは“別次元”の走りだった。道中は5番手の好位を確保し、そのままゆったりとした走りで直線へ。ラスト1ハロン標あたりで鞍上が軽く促すと、前を行くダイワキャグニーとサトノソルタスを楽々かわして先頭に立ち、ゴール前は流す余裕すら見せてゴールした。

 3戦ぶりのコンビ復活にルメールは「この馬でもう一度勝つことができてうれしい」と破顔一笑。続けて「休み明けのレースはどの馬にとっても大事ですが、スムーズに運べて完璧な競馬でした。58キロだったのでポジションを取ることが大事だと思いました。スタートが決まったので好位が取れたし、その後も冷静に走ってくれた。ラストは素晴らしい脚を使ってくれました」と会心のレースを振り返った。

 デビューから無敗のまま皐月賞を制し、昨年暮れの有馬記念では勝ち馬に離されたとはいえ2着。最優秀3歳牡馬に恥じない活躍を見せた。しかし、東京でのGI・2走(日本ダービー=4着、天皇賞・秋=6着)でこの馬らしくない走りを見せたことで「左回りの克服」という懐疑的な面も生じていた。だが、終わってみれば一発回答。「左回りが苦手というイメージはない」という陣営の見立てをきっちりと証明した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「サートゥルナーリア + twitter」のおすすめ記事

「サートゥルナーリア + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ソウルスターリング」のニュース

次に読みたい関連記事「ソウルスターリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュース

次に読みたい関連記事「レイデオロ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. サートゥルナーリア twitter

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。