【WWE】無観客のロウ大会でオースチン歓喜の“ビールシャワー”

【WWE】無観客のロウ大会でオースチン歓喜の“ビールシャワー”
無観客試合の最後を締めくくったオースチン(左)とベッキー(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【フロリダ州オーランド16日(日本時間17日)発】WWEの祭典「レッスルマニア36」(4月5日=日本時間6日、フロリダ州タンパ)が新型コロナウイルス拡大防止のため、史上初の無観客試合(同州オーランドのパフォーマンスセンター)で開催されることが発表された1時間後、同センターでロウ大会が無観客で開催された。

 冒頭では約9年ぶりに奇跡の復活を果たした“R指定の男”エッジ(46)が登場。かつてレイテッドRKOを結成しながら、1月27日ロウ大会で裏切りのRKOで再び病院送りにされ、愛妻ベス・フェニックス(39)までRKOで葬った“毒蛇”ランディ・オートン(39)に改めて遺恨決着を宣言。祭典での「ラストマンスタンディングマッチ」を要求した。

 また祭典でAJスタイルズ(42)と激突する“怪人”ジ・アンダーテイカーが、調印式を行うべく上半身裸、ニットキャップの戦闘モードで登場。祭典前に決着をつけるべく、調印式の机とイスをひっくり返してAJの登場を待った。だが入場曲が無人の場内に鳴り響いてもAJは現れない。すると場内のビジョンに、会場別室でThe OC(ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン)と調印証を持つAJの姿が…。策士のAJは延々と挑発を続け、自分がサインをした調印証をOCに預け、怪人に渡すよう命じた。

 恐る恐るリングに向かうOC。すると会場の照明が暗転し、気がつけばリングに仁王立ちしていたはずのテイカーはOCの背後に立っていた。そのまま怪人は2人にパンチとキックの連打でKOすると、調印証にサイン。AJはスクリーンの中で歯ぎしりするのみだった。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。