巨人・原監督が阿部二軍監督に“極意伝授”「一回ツバをのみ込もうな」

巨人・原監督が阿部二軍監督に“極意伝授”「一回ツバをのみ込もうな」
ただいま阿部二軍監督(左)に帝王学を伝授中の原監督

 青年監督に次世代の巨人を託す。原辰徳監督(61)が本紙の単独インタビューに応じ、後継者の最有力候補・阿部慎之助二軍監督(40)への思いを激白した。2020年までプレーすることを望んだG史上最強捕手の現役生活にピリオドを打ち、指導者の第一歩として二軍監督に据えた意図は何か。すでに指揮官としての“英才教育”を始めていることも明かした熟練指揮官が、阿部二軍監督に求めた理想の監督像は――。

 ――大補強なく迎えたキャンプ。オープン戦では最下位という結果だった。それでもこの期間には、これまで以上に育成に重点を置き、多くの若手がアピールした

 原監督 今までも(育成を)怠ったわけじゃなくて(このオフは補強に関して)縁がなかったっていうことでしょうね。FA、トレードも含めて。ただ、現実論として非常に楽しみな若い人たちもいるということだよね。(育成から支配下に昇格した)モタであったりね。去年、そこそこ種をまいてあげた人たちも、もしかしたら実る状態になる。チームは今、100人弱ぐらいいるわけでしょ? そのなかで伸びていく人が1人でも2人でもいればいいと思いますね。

 ――チームの編成上、最も大きな決断は阿部の引退。一軍ヘッドコーチという選択肢もあったと思うが、あえて二軍監督としたのは

 原監督 彼と話をして、コーチングも含めて非常にいい「慎之助世代」のコーチ(今季巨人の二軍スタッフは、村田修一野手総合コーチ=39、杉内俊哉投手コーチ=39、木佐貫洋投手コーチ=39、実松一成バッテリーコーチ=39)ら阿部二軍監督と近い世代のコーチが揃っている。)がファームに集まったというね。これはもう(阿部に)任せた方がいいんではないかなと。自分のものから入り、それでまた違った形で違う勉強をする時期もそこに入ってくるかもしれない。でも、彼は類いまれな野球選手としての経験を持っている。選ばれた指導者になれる人だと思う。だから、二軍監督は務まるはずだと。適役であろうと。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「星野仙一」のニュース

次に読みたい関連記事「星野仙一」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋山幸二」のニュース

次に読みたい関連記事「秋山幸二」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の野球記事

キーワード一覧

  1. 原辰徳 監督

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。