中国政府の発表はやっぱりウソ 武漢の医師がコロナ実態隠蔽を告発

中国政府の発表はやっぱりウソ 武漢の医師がコロナ実態隠蔽を告発
武漢を視察し、住民に向かって手を振る習近平国家主席(新華社=ロイター)

 やっぱり信用できない! 新型コロナウイルス感染症の被害が最も深刻な中国湖北省武漢市で、10日に行われた習近平国家主席による視察に合わせ、症状の残る多数の患者が隔離を急きょ解除され、一部の感染検査も停止されたことが19日、分かった。隔離施設の医師が共同通信の取材に、武漢市の状況改善は欺瞞(ぎまん)だと告発した。

 医師は、習氏への忖度から対策成功アピールのため治療中の患者数を意図的に減らしていると指摘した。中国政府は武漢で18日に新規感染者が0人になったと発表したが、政府の集計は「信頼できない」と断言した。

 患者が隔離される武漢市の施設で退院の可否を判断する立場にある40代の男性医師が、匿名を条件に書面や通信アプリを通じて取材に応じた。実態が隠されれば、再び大流行が起こる恐れがあると強い懸念を示した。

 中国の診療方針は感染症患者の退院について、ウイルス検査の結果が2回連続で陰性となり、コンピューター断層撮影(CT)で肺炎の症状の明らかな改善が確認されることなどを条件としている。

 医師によると、習氏の視察以降、自身が担当する患者に肺炎の所見が見られたにもかかわらず、感染症対策を担う当局の「専門団」の判断で隔離が解かれた。このころから解除の判断が甘くなり「感染者の大規模な隔離解除が始まった」という。

 外来患者も発熱などの症状がある人への問診が簡略化され、感染時に体内で生成される抗体を検出する血液検査が停止された。結果として「感染疑い例が野に放たれている」としている。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「中国政府の発表はやっぱりウソ 武漢の医師がコロナ実態隠蔽を告発」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    検査基準も疑問だらけだ。列車ごと地中に埋めてしまうお国柄だから、万人坑にどれだけの人が埋められたのか… 。中には生きているのに埋められてしまった人もいると言う。世界最悪。

    0
この記事にコメントする

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月20日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。