【大相撲】朝乃山 高砂親方から白鵬との出稽古指令

【大相撲】朝乃山 高砂親方から白鵬との出稽古指令
朝乃山
       

 大相撲春場所で大関昇進を決めた関脇朝乃山(26)が、師匠の高砂親方(64=元大関朝潮)から横綱白鵬(35=宮城野)のもとへ出稽古指令を受けた。最大の目標である横綱になるためには、土俵に君臨する“ラスボス”を倒すことは欠かせない要素の一つ。過去に1度だけ行った出稽古ではコテンパンにされているだけに、「KO上等」の決死の覚悟が必要となりそうだ。

「大関朝乃山」の誕生が秒読みに入った。25日に開かれる夏場所(5月10日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議、臨時理事会での承認を経て正式に大関に昇進する。その朝乃山は「横綱に勝てるようにならないと上の番付(横綱)は目指せない。しっかり稽古をして本場所で勝てるようにしたい。常に優勝争いに加われるように頑張りたい」と早くも看板力士としての責任感を口にした。

 最終目標の横綱になるためには、大関の地位で2場所連続優勝(または準ずる成績)を果たす必要がある。最近は横綱が故障で休みがちとはいえ、常に休場してくれるとは限らない。実際、白鵬と鶴竜(34=陸奥)の両横綱が揃った今場所は力の差を見せつけられた。朝乃山が頂点に立つためには、横綱を倒すことが欠かせない要素となる。

 師匠の高砂親方は「多少は(横綱との差が)縮まっているけど、まだまだ。鶴竜には1回勝ったことがある(1勝2敗。不戦勝を除く)。白鵬に勝てない(0勝3敗)のは、立ち合いのうまさ、駆け引きで負けている。そこの部分を研究しないといけない」と課題を指摘。その上で「白鵬のところに出稽古に行って稽古をつけてもらうことも大事。名古屋で1回行ったきり。これからは増やしていくことも必要」と指令を出した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。