【高松宮記念・東西記者徹底討論】千二で全開グランアレグリアか能力高いダノンスマッシュか

【高松宮記念・東西記者徹底討論】千二で全開グランアレグリアか能力高いダノンスマッシュか
洗い場でリラックスするグランアレグリア。前走圧勝の反動はない
       

高松宮記念(日曜=29日、中京芝1200メートル)東西記者徹底討論】春のスプリント王を決する第50回高松宮記念は、スプリントの既成勢力に、他路線からも実力派が数多く加わり、異種格闘技戦の様相を呈している。例によって根本の見解が割れたのが「両刀」山口と「分析官」岡崎。果たして未知の魅力にかけるべきか、経験と実績を信頼するべきか。

 岡崎翔(大阪スポーツ):コロナウイルスの終息の兆しが見えません。国内では無観客競馬が続き、ドバイワールドCデーも中止の事態に…。

 山口心平(東京スポーツ):オレたちも世間も、もはやこの状況に慣れてきてしまってるのが怖いよな。

 岡崎 ですね。確実に馬券の売り上げは下がってますし…。

 山口:予想記事を書いてる我々としては、やはり寂しいよな。

 岡崎:お客さんあっての競馬ということを改めて実感させられます。

 山口:一刻も早く競馬場での大歓声が戻ることを願いたいよ。

 岡崎:無観客の中でも白熱したレースが繰り広げられてますし、そんなレースを生で観戦できないなんて、もったいなさ過ぎますもんね。

 山口:で、今週は春のGIシリーズの開幕だ。

 岡崎:春のスプリント王決定戦・高松宮記念ですね。

 山口:昨年は3→12→17番人気の決着で3連単は449万円オーバー。ここ最近のスプリント路線は絶対王者がいないから、他路線から殴り込んできた馬が台頭するパターンが多いんだよな。

 岡崎:なるほど。確かに昨年の覇者ミスターメロディは当時が初の芝1200メートル出走でしたね。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高松宮記念」に関する記事

「高松宮記念」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高松宮記念」の記事

次に読みたい「高松宮記念」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高松宮記念 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。