「SKE48」10期生3人の決断

「SKE48」10期生3人の決断
拡大する(全1枚)
左から青木莉樺、木内俐椛子、西井美桜

「アイドルになりたい――」。夢をかなえるため大阪から名古屋へやってきたのがSKE48期待の新人・青木莉樺(20)、木内俐椛子(18)、西井美桜(19)の3人だ。10期生オーディションに合格した3人がSKEとして活動するために下した決断、デビューまでの道のり、そしてアイドルとしての夢に迫った。


 SKE10期生は昨年11月、ファン投票によって選ばれた11人がオーディションに合格。青木、木内、西井は大阪から活動拠点を名古屋に移してアイドル活動をスタートした。

 実はこの3人、並々ならぬ覚悟でSKEに入っている。関西地区の大学に通っていた西井は「今できることをやった方がいい」という両親の応援もあり、大学を辞めてSKE一本でいくことを決断。専門学校に通っていた青木は大手企業の内定を断って名古屋でアイドルになる道を選んだ。

 また「生物」の科目で全国模試1位になったこともあるという木内は「10期生に落ちたら、名古屋の学校に通いながら次の11期生オーディションを待つつもりでした」と進学先を名古屋の大学に変更し、見事、SKEと大学のダブル合格を勝ち取った。

 3人に共通するのはAKBグループ全盛期の直撃世代だということだ。小学生のころ、前田敦子大島優子ら「神7」を中心としたAKB48グループメンバーが活躍する姿に魅了されていただけに、アイドルへの憧れは強い。

 SKE9期生オーディションに最終審査で落ちていた西井は「アイドルになりたかったけど大学生になるから諦めていました。でもそんなときに10期生オーディション。タイミングが合ったんです」と運命の糸をたぐり寄せた。青木も「就職を決めるタイミングでSKEがメンバーを募集していたので、最初で最後のチャンスと思って受けました」とラストチャンスをものにした。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク