日本女子サッカーの歴史変えた伝説の一戦 歓喜のウラで「澤の激怒」事件

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(1)】 新型コロナウイルスの影響で世界が停滞する今、改めて思うのはスポーツの力の偉大さだろう。アスリートたちはいつの時代も多くの人間に活力を与えてきた。本紙も1日に創刊60周年を迎えた中で印象的な試合、出来事を振り返る新企画「フラッシュバック」がスタート。第1回はサッカー女子日本代表が「なでしこジャパン」と呼ばれる前、難敵・北朝鮮を撃破してアテネ五輪出場権を獲得した伝説の一戦をフォーカスする。日本女子サッカー界のターニングポイントとなった激闘の裏であのレジェンドは何を思っていたのか――。

 日本女子サッカーの運命を懸けた大一番、大黒柱の澤穂希はさまざまな感情を抱えながらピッチに立っていた。日本中が熱狂した一戦の舞台裏は「快挙」の2文字だけでは収まらないほど、複雑なものが入り組んでいた。

 最終予選1次リーグで日本はベトナムに7―0、タイに6―0で大勝して準決勝に進出。待ち受けていたのは、過去7戦全敗の北朝鮮だった。アジアの五輪出場枠は2。難敵を倒さない限りは出場権は手に入らない。そんな中、チームは大ピンチに陥っていた。

 大会前の練習中、澤は右ヒザを負傷。その情報は大会中に表に出ることはなかったが、ベトナム戦、タイ戦ともに本来の出来ではないように映った。自分がやりたいプレーができないもどかしさがあったのだろう。北朝鮮戦の前夜、一度は欠場を決意した。だが、チームメートは引き留めた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク