【フローラS】遅れてきた大物レッドルレーヴ 悲運の母の思い胸に樫の舞台へ

【フローラS】遅れてきた大物レッドルレーヴ 悲運の母の思い胸に樫の舞台へ
僚馬を引き連れて美浦トレセンを闊歩するレッドルレーヴ。いよいよ本領発揮だ
       

【フローラS(日曜=26日、東京芝2000メートル=2着までに5・24オークス優先出走権)dodo馬券】今週末から東京開催がスタート。3歳クラシック戦線も佳境に入る。日曜メインはオークスのトライアル第1弾・GIIフローラS。桜路線とは趣の違った中長距離志向の強い好素材の牝馬たちが果たしてどんな戦いを繰り広げるか。当欄は名門・藤沢和雄厩舎が送り込む良血レッドルレーヴに注目した。

 毎年数多くの素質馬を送り出す美浦の藤沢和厩舎だが、今年の現3歳世代は牡馬4頭で5勝を挙げたのに対し、牝馬は9頭で延べ11勝。実にダブルスコア以上の牝馬の当たり年と言える。もっとも2勝したのはGIIIシンザン記念勝ちのサンクテュエールとオーロラフラッシュだけ。重賞は牡馬を含めても前者だけで、昨年の桜花賞グランアレグリアや、レイデオロソウルスターリングで3歳頂上決戦を制した2017年春のような傑出馬は見当たらない。

 粒揃いではあるものの、果たしてGI級の大物が出ないまま春シーズンを終えるのか? いや、そんなはずはない。遅れてきた大物――それがレッドルレーヴだ。

 新馬戦(2着)→未勝利戦(1着)と芝2000メートルを使ってきたように当初から中長距離志向の高かった同馬。前走のGIIIフラワーCは距離を詰めての一戦で大外枠。しかも3角過ぎに後続が早めに押し上げてきた。リズムに乗り切れない展開も重なって、スムーズに先行した勝ち馬をわずかに捕らえきれなかった。


東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュース

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月21日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。