コールセンター「3密」告発 パチンコ店よりひどい!オペレーターが明かす恐怖の実態

「パチンコよりひどいかも…」――。新型コロナウイルスの感染拡大で、全国の知事がパチンコ店に対して強い休業要請を行っているが、一方でパチンコ店以上にクラスター(感染者の集団)発生の危険性を指摘されているのがコールセンターだ。緊急事態宣言下でも通常出勤を求められ、職場の3密は改善されないという。「私たちは特攻隊じゃない!」と怒り心頭なのは、都内で大手携帯会社のコールセンターに勤務するオペレーターAさんだ。驚くべき実態を本紙に告発した。

 安倍晋三首相は1日、新型コロナウイルス対策を検討する政府の専門家会議の提言を踏まえ、緊急事態宣言の延長を「4日に決定したい」と官邸で表明した。延長となることが濃厚だ。

 その緊急事態宣言下でも“3密職場”となっているのがコールセンターだ。

「私が働くコールセンターでは、社員はテレワークに切り替わりましたが、私たち契約社員のオペレーターは通常勤務を求められています。平時だと20人ほどいるオペレーターは今、新型コロナの感染を恐れて7割の14人ほど。だけど、会社としては、休んでいる人は自己都合として欠勤扱い。過度の欠勤状態になると減給されることもあります。新型コロナに感染すれば休めますが…」

 Aさんによると、オペレーターたちは週3~5日、一日当たり8時間~半日勤務しているというが、緊急事態宣言下でもなぜ、通常出勤を求められるのか。

「オペレーターが休むと、会社として損失が出るから、いつものように働かせているのだと思っています。社員はテレワークなのに。私たちは特攻隊じゃない!」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月2日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。