「これは本当に星野が言ったのか!」 中日・中山球団社長が本紙記者を事情聴取

【球界平成裏面史(20)中日・落合年俸問題(2)】平成2年(1990年)オフは中日・落合博満内野手の年俸問題がプロ野球界の大きな話題になった。同年のオレ流は打率こそ2割9分に終わったが、34本塁打、102打点で2冠を獲得。ロッテ時代に続く、両リーグでの本塁打王は史上初の快挙でもあった。当然のごとく、落合は年俸1億6500万円からの大幅アップを狙ったが、球団側はシビアだった。チームが4位に沈んだこと、落合が正念場の夏場に調子を落としたこともあって、アップ幅を抑えようとした。

 落合は昭和61年(86年)オフに牛島和彦、上川誠二、平沼定晴、桑田茂との1対4の“世紀のトレード”でロッテから移籍し、日本人初の1億円プレーヤーになった(年俸1億3000万円)。以前から「俺は(年俸の)一番高いところに行くだけ」と発言したり、金銭に関しては貪欲なイメージがつきまとい、毎オフの年俸闘争は、もはやおなじみだったが、この年は特に難航した。

 そんな中、本紙は10月16日付1面で「落合 脅される!! 任意引退になってもいいのか!!」と報じた。そこには「落合君はよく頑張っていたとは思う。これで優勝だったら文句なしだっただろうけどね。チームは4位のBクラスだし、落合君に限らず(年俸は厳しく)考えなければいけないだろう」との加藤巳一郎オーナーのコメント、交渉役の伊藤濶夫球団代表の対落合の奥の手として「(球団査定に)不服なら、調停委員会にかけてもいい」との発言を掲載。初めて「調停」を口にした伊藤代表の「調停の結果に球団が不服なら、その選手の保有権を放棄しなければいけないし、選手側が不服なら現役を引退しなければならないんだよ」との説明も入れた上で、それくらい球団は強気に落合との年俸闘争に臨もうとしているという内容だった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「小林誠司」に関する記事

「小林誠司」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小林誠司」の記事

次に読みたい「小林誠司」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク