米国代表には後のメジャー史に名を刻む豪華メンバーずらり

米国代表には後のメジャー史に名を刻む豪華メンバーずらり
13年、第3回WBCのブラジル代表監督として来日したバリー・ラーキン

【正田耕三・野球の構造(11)】1984年ロサンゼルス五輪、公開競技として行われた野球の決勝は、開催国の米国と日本の顔合わせになりました。舞台はドジャースの本拠地ドジャー・スタジアム。それはもう、試合前から球場全体が異様な雰囲気に包まれていました。

 今でこそシーズン中は毎日のようにメジャーの試合を生放送で視聴できるようになりましたが、当時は大リーグも未知の世界。初戦の韓国戦では球場そのものに驚かされましたし、決勝ではスタンドからの盛大な「USA」コールにも圧倒されました。観客が端から順に立ったり座ったりして巻き起こす「ウエーブ」を目の当たりにしたのも初めて。僕を含めて選手たちはあぜんとするばかりで「お上りさん」状態になっていたように思います。

 大学生で構成された米国代表は、全20選手のうち15人がドラフトでメジャー球団に指名されるようなそうそうたる顔ぶれでした。2012年に野球殿堂入りしたメジャー通算2340安打のバリー・ラーキンをはじめ、98年に当時のシーズン最多記録を塗り替える70本塁打を放ったマーク・マグワイア、翌年のドラフトで1番目にブルワーズから指名されたメジャー通算2326安打のB・J・サーホフ、同2番目でジャイアンツに指名された同2176安打のウィル・クラーク。のちに巨人でも活躍したシェーン・マックもいました。

 しかも彼らはベンチでクチャクチャとガムをかみ、楽しそうに踊っていたりする。スタンドの雰囲気も含めて、当時の日本球界の常識では理解不能なことばかりが目の前で展開されていました。試合開始3時間前からベースランニングまでさせられ「いざ、金メダル」と勇んで乗り込んできた僕らは緊張からガチガチになり、戦う前から完全にのみ込まれそうになっていました。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ドジャース + 名古屋」のおすすめ記事

「ドジャース + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月14日の野球記事

キーワード一覧

  1. ドジャース 前田健太
  2. ドジャース 名古屋

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。