多村仁志氏コロナに完璧対応 政府よりがぜん早く!己に!緊急事態宣言

【コロナに負けるな!有名人の緊急事態宣言】今は我慢の時――。新型コロナウイルスの感染拡大で自粛ムードが漂う中、プロ野球OBの多村仁志氏(43)も本紙を通じて力強く訴える。ベイスターズ、ソフトバンクなどで活躍し、2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日の丸を背負って王ジャパンの世界一達成に大きく貢献。NPBとMLBの解説者としてフィールドを広げる同氏に「STAY HOME」と向き合う生活スタイルと球界への思いを聞いた。

 自身では比較的、早い段階から“コロナの怖さ”を自覚していた。緊急事態宣言が発令される前の3月下旬、多村氏は野球評論家などの仕事を相手先と話し合いながらテレワークへ極力切り替えられるように心がけていたという。「命に関わることですから。これはもう仕方がないと思います」。そう自分に言い聞かせ、今も家族とともに「STAY HOME」を忠実に心がけている。

「もう1か月半ぐらいになりますね。その間の外出はスーパーへ妻が買い物に出かける際、持ち切れない分を手伝いに行くぐらい。それでも家にいることは家族との時間を過ごせるので退屈ではないです。子供たちも学校がなくオンラインで勉強する毎日ですが、こうやって皆が一緒にいられるのも大切なことだと思いますしね。今までやっていなかったこともなるべくトライするように心がけていますよ。これまで料理をまったくやっていなかったので、そういうことにも挑戦してみたりとか…」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク