【オークス】ミヤマザクラ デビューからの戴冠計画ここに結実

【オークス】ミヤマザクラ デビューからの戴冠計画ここに結実
オークスを最大目標に仕上げられたミヤマザクラ。東京2400メートルこそがベスト舞台だ

【オークス(日曜=24日、東京芝2400メートル)dodo馬券】気温がグンと上がって風薫る季節に迎えるのが3歳牝馬の頂上決戦・第81回オークス。3戦無敗の桜花賞馬デアリングタクトが不動の主役だが、1冠目と対照的な舞台設定から桜花賞馬にとって“鬼門”のレースでもある。高配的中を使命とする当欄が狙うは桜花賞で5着に敗れたミヤマザクラ。同馬にとって今回の一戦こそが全力投球の大一番なのだ。

 少し歴史を振り返ろう。確かにオークスは、桜花賞出走馬が強いレース傾向にあるが、桜花賞馬が断然というわけではない。過去10年で桜花賞に続く連勝は2010年アパパネ、12年ジェンティルドンナ、18年アーモンドアイの3頭のみ。その名が示す通り、歴史的名牝のみ達成した偉業である。

 過去30年に広げても1993年ベガ、03年スティルインラブ、09年ブエナビスタと3頭増えるだけ。阪神のマイルから東京の12ハロンへ――。激変する舞台に対応するのはやはり至難。今年の桜花賞馬デアリングタクトはクリアする可能性を秘めた逸材かもしれないが、決して楽観はできない。

 一方で対照的なのはミヤマザクラ。言葉が悪いが、桜花賞はハナから“捨てゲーム”だったのではないか…。そんな疑念を抱かせるのが、第1冠までの臨戦過程だ。札幌でデビューし、9ハロン、10ハロンで4、1着。ひと息入れた次走が10ハロンのGIII京都2歳Sで2着。そこで賞金を加算しながらもGI阪神JFには向かわず、チョイスしたのはGIIIクイーンC(東京8ハロン)。つまり阪神を一度も経験することなく桜花賞へ向かったのである。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。