【ラグビー】東芝・大野均が引退 南ア戦勝利に貢献

【ラグビー】東芝・大野均が引退 南ア戦勝利に貢献
大野均

 ラグビーのトップリーグ・東芝は18日、日本代表歴代最多キャップ(98)を持ち、2015年W杯イングランド大会などW杯に3度出場したロックの大野均(42)が現役引退すると発表した。

 高校では野球部だった大野は、日大でラグビーをスタート。2001年に東芝入りし、192センチ、105㌔の恵まれた体格を生かした体を張ったプレーでトップ選手へと成長。04年に日本代表デビューすると07年、11年、15年とW杯に出場し、イングランド大会では1次リーグ南アフリカ戦の歴史的勝利に貢献した。

 トップリーグのチームは東芝ひと筋19年。22日にウェブ上で引退会見を行う。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュース

次に読みたい関連記事「カーリング」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月18日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ラグビー W杯
  2. ラグビー 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。