【この人の哲学】林哲司氏 加山雄三さんに衝撃受け自分で曲を…

【この人の哲学】林哲司氏 加山雄三さんに衝撃受け自分で曲を…
作曲家の林哲司氏

【この人の哲学:林哲司氏編(3)】最近、海外で再評価されている「シティ・ポップス」の楽曲や「悲しい色やね」などの大ヒット曲を数々世に送り出した作曲家の林哲司氏(70)。林氏はどのような人生を歩んでヒットメーカーになったのか。人生を変えた言葉や出会いとは?

 ――ブラスバンドを辞めて、高校からはどういう音楽を

 林氏:入学早々、朝、駐輪場に自転車を止めていたら講堂から生々しいビートが聞こえてきたんです。それが上級生のエレキバンドだと知ったのは、新入生歓迎会で彼らが出てきて、ベンチャーズの「パイプライン」を演奏した時でした。それを目の当たりにして、僕は「このバンドに入ろう」と勝手に決めていました。式が終わった後、ステージ袖で片づけをしている彼らのところに行って「バンドに入りたい」と伝えたんです。

 ――積極的です。返答は

 林氏:リーダーがボクをにらみ、少し間を置いて言ったんです。「ギターとアンプを持ってきたらいいよ」と。当時、どちらも高いから無理だと思ったんでしょうね。

 ――価格を考えるとハードルが高いです

 林氏:そこで、母を通して父に“おねだり”を繰り返しました。僕は、親も期待していた志望校に合格したから買ってくれてもいいじゃないと。毎日言い続けると、根負けしたのか、グヤトーンのエレキギターとテスコのアンプを買ってくれました。当時の価格で計8万円です。

 ――1965年の上級国家公務員の初任給が2万円ほどです


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【この人の哲学】林哲司氏 加山雄三さんに衝撃受け自分で曲を…」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    30年くらい前、林さんのワンパターンの曲が流行りましたね。

    1
  • Chang 通報

    30歳以上の女性と無料でチャット!登録!

    0
この記事にコメントする

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。