敗戦ガッツポーズ事件 坂井球団社長が本紙に冤罪を主張

敗戦ガッツポーズ事件 坂井球団社長が本紙に冤罪を主張
リーグ優勝の記念撮影でお互いソッポを向く落合監督(左)と坂井社長(右)。中央は白井オーナー

【球界平成裏面史(33) 中日落合監督解任騒動の巻(5)】平成23年(2011年)10月18日、中日は球団史上初のリーグ連覇を達成。翌日のスポーツ紙で、最大10ゲーム差をひっくり返す逆転Vの原動力と報道されたのが坂井克彦球団社長の「敗戦ガッツポーズ」だった。当時、落合博満監督の解任に動いていた坂井社長が、中日が負けた試合後にガッツポーズ。これを知ったナインが「ふざけるな!」と奮起し「あれで流れが変わった」(落合監督)というものだ。

 果たしてガッツポーズは本当にあったのか。坂井社長がしたとされた場面は2説ある。9月6日のナゴヤドームの巨人戦と同18日の東京ドームでの巨人戦の試合後。当時のスポーツ紙などの記事では「ナインや多くのチーム関係者が目撃」とされているが、これは事実ではない。「目撃した」と言われていた選手、球団関係者は後に総じて「自分が見たわけじゃなく噂を聞いただけ」と主張。チームの中に実際に目にしたと言っている人物は一人もいなかったのだ。

「ガッツポーズを見た」と証言しているのは2人の人物。6日の試合の目撃者はスポーツ紙の記者、18日の試合は放送関係者といずれもマスコミの人間だった。球場は違うが、目撃場所はともに試合後の関係者通路。人気カードの巨人戦で試合後はマスコミなど関係者でごった返す場所でもある。多くの人の中で1人だけが目撃したというのは少々解せない。

「敗戦ガッツポーズ事件」は優勝翌日の10月19日にデイリースポーツが実名報道。夕刊紙の特性上、本紙も実名で追随することになった。実名で報道した以上、坂井社長の主張も載せなければアンフェアだと、記者は罵声を浴びせられるのを覚悟で直撃。「そんな記憶はない。ウソ発見器にかけてもらってもいい」との坂井社長の反論を10月21日付の本紙に掲載した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。