【日本ダービー・後記】サリオス 完敗2着も卓越したスピード光った

【日本ダービー・後記】サリオス 完敗2着も卓越したスピード光った
“一騎打ち”に持ち込んだものの3馬身差の2着に敗れたサリオス(右)
       

 競馬の祭典・第87回日本ダービー(5月31日=東京芝2400メートル)は、コントレイルの圧勝で幕を閉じた。皐月賞の「2強対決」で半馬身敗れたサリオスは、直線で“一騎打ち”に持ち込んだものの結果は3馬身差の2着。圧倒的な力差を見せつけられた。後続はさらに離されており、15年ぶりの無敗の2冠馬の前に他の17頭は脱帽するしかなかった。

 皐月賞の半馬身が3馬身差へ…。リベンジを果たすべくコントレイルとの2度目の対決に挑んだサリオスだったが、結果はさらに水をあけられる2着完敗。頂上決戦の明暗を分けたのは、朝日杯FS優勝馬とホープフルS優勝馬の差。つまりはその戦歴が照らし出す、距離適性という血の宿命ではなかったか。

 3番手の位置を積極的に取りに行ったコントレイル=福永に対して、10番手でためることを優先したサリオス=レーン。両馬の立ち回りは皐月賞と真逆ながら、その選択におそらく誤りはなかったはず。「いいスタートを切り、すぐにリラックスしてスムーズに折り合いました」とレーン。その言葉通り、エネルギーを蓄えて迎えた直線は外に持ち出すや一気に1馬身差まで迫る瞬発力を見せた。

「直線に入ってから少し外にもっていかれる形だったが、素晴らしい反応で素晴らしい脚を使ってくれた」(レーン)

 しかし、見せ場はそこまでだった。ラスト1ハロンから一気にギアを上げたライバルに対し、こちらはむしろ失速気味。皐月賞で3馬身半あった3着馬との差は、逆に1馬身3/4まで今回は詰まった。敗因を突き詰めれば「距離の壁」。やはりこの一語に尽きよう。

 とはいえ、2着という結果はたたえられこそすれ、非難されるものでないことも明白。「本当に一生懸命に走ってくれたけど、1頭だけ強い馬がいました」との鞍上の言葉通り、戦前の「2強」の称号もマイラーを超えた底力を同馬が有すればこそである。サウジアラビアRCを1分32秒7でレコード勝ちした卓越したスピードは、おそらく3冠路線とは違うカテゴリーで今後発揮されていくはずだ。

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュース

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィクトリアマイル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。