パリSG 久保建獲りの本気度

パリSG 久保建獲りの本気度
久保建英(ロイター)

 スペイン1部マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(18)の争奪戦が激化している。同1部レアル・マドリードからレンタル移籍でプレーする“日本の至宝”を巡って国内外のクラブが来季の獲得に向けた動きを活発化。そんな中で特に力を入れているのが、フランス1部の強豪パリ・サンジェルマンだ。久保獲得に名乗りを上げたフランス名門の“本気度”とは――。

 RマドリードのEU圏外(外国人)3枠が埋まっている現状から久保の復帰は厳しいとみられる中、同クラブの情報を専門に扱うスペインメディア「デフェンサセントラル」が「マジョルカ、レアル・ソシエダード、ベティス、パリSGが久保獲得へ争奪戦を繰り広げる」と報じている。

 本命のRソシエダードはRマドリードからレンタルで獲得したノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)の後釜として久保獲得をもくろみ、かつてMF乾貴士(32=エイバル)が所属したベティスも実力を高く評価。久保はスペイン語が堪能だけに同国勢が優勢との見方もあるが、獲得への本気度が最も高いのが実はパリSGだ。

 ブラジル代表FWネイマール(28)を擁するパリSGの動向について大手代理店関係者は「日本をアジア市場開拓の拠点に位置づけ、本格的に事業をスタートさせている。公式ショップなどを開き、今後も様々な事業を展開させていくので日本人選手、しかもスターが欲しい。そこで久保の獲得はクラブを挙げてのプロジェクトと言える」と指摘する。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。