【ノア】中嶋勝彦 赤のGHCでハードコアマッチだ!

【ノア】中嶋勝彦 赤のGHCでハードコアマッチだ!
中嶋はラダーを手にアピールした

 ノアのGHCナショナル王者・中嶋勝彦(32)が、同王座の路線変更を模索している。実力者とのタイトル戦を重ねてきた初代王者の杉浦貴(50)とは対照的に、独自の方法で潮﨑豪(38)が持つGHCヘビー級王座との差別化を図る。その一つが、ハードコアルールによる防衛戦の開催だ。

「やっちまった…」。14日放送回のテレビマッチで“悲しき中年”井上雅央(50)とのV1戦を控える中嶋は、後悔の念にかられていた。5月31日放送回で井上が挑戦状を読み上げる姿を自宅で見て、その場で挑戦受諾の旨をスタッフに報告。タイトル戦が決定した。

 画面を通じて覚悟を感じたのが受諾の理由だが、前王者の杉浦を破り第2代王者となった直後に「誰の挑戦でも受ける」と宣言したことから、引くに引けなかったというのが本音だ。そのため時間がたつにつれて「まさかの雅央だよ…」と頭を抱える事態になった。

 シングルのタイトル戦とは長らく縁のなかった井上とはいえ、やたらと苦手意識を抱く。実際に昨年4月のグローバルタッグリーグでも、横入り式エビ固めで3カウントを献上した。

「ひと言でいうと、うまいんだよね。気づくと向こうのテリトリーにいるというか。見てると面白いだけかもしれないけど、こっちは必死ですよ。なんていうか…、生き物として種類が違うんです。例えばこっちがスカしても、彼は『やったぁ!』って思うんですよ。普通怒るのに、喜ぶんです。だからこちらのペースにならない」


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。