【安田記念・後記】完敗2着アーモンドアイの落とし穴

【安田記念・後記】完敗2着アーモンドアイの落とし穴
まさかの事態に遭遇したルメール(右)と国枝調教師

 単オッズ1・3倍。多くの人が勝利を疑わなかった第70回安田記念(7日=東京芝1600メートル)の“主役”アーモンドアイは2着に敗れた。それも勝ち馬から2馬身半差の完敗だ。道悪(稍重)? 中2週? まさか他の7冠馬の呪縛? 史上初の芝GI・8勝目を目指した希代の名牝に何があったのだろうか。

 この日のアーモンドアイは、ヴァンドギャルドに続いて2頭目の“先入れ”で他馬の隊列より先に馬場入りした。有馬記念の9着大敗、ドバイへのカラ輸送を克服し、ノーステッキで楽勝した前走のヴィクトリアマイルより少しテンションは高めに映ったが、そこは無観客競馬の乾いた空気の中。少なくともレース前の気配が、能力をそがれるような状態とは誰もが想像しなかった。

 異変はスタート。反応が悪く、他馬より1馬身ほど遅れて3角通過は後ろから4頭目。それでも勝ったグランアレグリアを2馬身ほど前に見る位置で運び、直線は馬群の外へ。本来ならここから突き抜けるはずだが爆発的な脚を使えなかった。

 自身が駆使した上がりは出走馬3位の33秒9。勝ち馬(33秒7)ばかりか4着ノームコア(33秒8)にも劣った。有馬記念を除くと11戦中9戦で1位、2戦で2位の上がりを駆使した同馬には完敗を意味する。

 鞍上のルメールは「スタートで出遅れてしまった。その後はうまくリカバリーができて、グランアレグリアを見ながら直線を向くことができた。最後も脚は使っているけど、本来の彼女ならもっといい脚が使えたはず。勝ち馬もすごく強かったので仕方がない。コンディションは良かったと思う」。敗因にスタートを挙げながらも、いつものアーモンドアイの末脚ではなかったことに悔しさをにじませた。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安田記念」に関する記事

「安田記念」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安田記念」の記事

次に読みたい「安田記念」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。