セクハラ疑惑の“天才編集者”箕輪厚介氏に女子アナ包囲網 宇垣アナは“共演NG”

セクハラ疑惑の“天才編集者”箕輪厚介氏に女子アナ包囲網 宇垣アナは“共演NG”
箕輪氏は第2のテリー伊藤になるはずだったが…

“言わずと知れた天才編集者”などと自称し、コメンテーターとしても活躍する幻冬舎の人気編集者の箕輪厚介氏(34)が、ついに白旗だ。ライターへのセクハラ疑惑を8日の自身のツイッターで謝罪、レギュラー出演していた「スッキリ」(日本テレビ系)、「ABEMA Prime」(ABEMA)を降板した。当初は否定し、開き直るような姿勢を見せていたが、ここにきて態度が一変。その裏には、フリーの宇垣美里アナ(29)ら怒れる女子アナたちによる“包囲網”があるという――。

 堀江貴文氏の最新刊で東京都知事選との関連が注目される「東京改造計画」など、数々の著名人の本を手掛け、スッキリにレギュラー出演するなど、若手ナンバーワン編集者との呼び声高い箕輪氏に、セクハラ疑惑が持ち上がったのは先月のこと。

 文春オンラインによれば、女性ライターに肉体関係を迫るようなメールを送った上に、自宅に上がり込んで強引に体を触ったというのだ。しかし当初、箕輪氏はこれを一部否定し、有料会員制オンラインサロンで「何がセクハラだよボケ」などと放言した。

 ネット上の炎上は鎮火するどころか延焼する一方で、ついに8日に自身のツイッターで「一連の問題で不快な思いをさせ申し訳ございません。僕自身、一般的常識を欠き、傲慢な人間になっていたことを自覚し、深く反省しております。今回の件に対する自分なりのけじめとして、テレビ番組出演等の活動を自粛致します」と番組降板、活動自粛を表明した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。