阪神・岡田氏と巨人・清武代表の異例会談

阪神・岡田氏と巨人・清武代表の異例会談
“教え子”井川の練習を見つめる岡田監督

【球界平成裏面史(47)、岡田阪神(8)】阪神の歴史では異例といえる監督の勇退。タテジマのユニホームを脱いだ岡田彰布前監督は、平成21年(2009年)から野球評論家として活動していた。その1年目にいきなり実現したのが、巨人・清武英利球団代表との対談だった。異例のTG重要人物交流は、何のために行われたのだろうか。
 まずは巨人・清武代表サイドからの打診で関係者を通じて岡田氏に連絡が入った。二軍監督時代から生え抜き選手を育て上げ、強いタイガースをつくった。その手腕の根拠になったものを教えてほしいという内容だった。永遠のライバル・巨人フロントからの要望を岡田氏は快諾した。

 球界の盟主といえば巨人。これは誰も疑わないところ。その球団が阪神に教えを請う時代がきたかと…。まさかと思ったが現実だった。しかし、そこも巨人の強さなのかもしれない。対談が行われたのは、巨人が07、08年と連覇しての09年春季キャンプでのことだった。このシーズン、巨人は3連覇で日本一にも輝いたのだから、貪欲な姿勢に恐れ入る。

 清武代表は、阪神が岡田二軍監督の率いたファームから井川慶藤川球児、浜中治、関本健太郎(現賢太郎)ら若手選手が次々に台頭してきた経緯、組織システムを教えてほしいと質問。それに対し岡田氏は巨人も山口鉄也や坂本勇人らが出てきているとする一方で、FAなどでベテラン選手を獲得しチャンスを摘み取っていると指摘した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。