ボクシング元4階級世界王者ロベルト・デュラン氏が新型コロナウイルス陽性

 〝石の拳〟のニックネームで知られる、ボクシングの元4階級世界王者、ロベルト・デュラン氏(69=パナマ)が新型コロナウイルスの検査で陽性となった。息子のロビン氏がSNSで明かした。
 ロビン氏によると、症状は軽いという。

 中量級の強打者として知られたデュラン氏は、1973年にはWBA世界ライト級でガッツ石松氏(71、元WBC世界ライト級王者)と対戦してKO勝ちしたこともある。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ボクシング」に関する記事

「ボクシング」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ボクシング」の記事

次に読みたい「ボクシング」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク