近鉄・中村紀洋のFA宣言で巨人、阪神、メッツが大争奪戦 疲れ果て近鉄に残留「そっとしておいてほしかった」

近鉄・中村紀洋のFA宣言で巨人、阪神、メッツが大争奪戦 疲れ果て近鉄に残留「そっとしておいてほしかった」
中村紀洋
       

【球界平成裏面史(61) 近鉄編(2)】平成14年(2002年)オフ、球界は移籍市場が活発だった。当時、巨人の4番だった松井秀喜(現ヤンキースGM特別アドバイザー)がメジャー挑戦を表明。その穴を埋めようと、巨人が最初に近鉄・中村紀洋の獲得に名乗りを上げた。さらに、チーム改革を模索していた阪神も参戦。移籍を前提にFA宣言した中村紀の動向に注目が集まる中、数々のドラマが生まれていくことになる。

 未来を知る今なら、中村紀が近鉄に残留した結果を知っている。だが当時、そうなる確率は非常に低かった。そんな中、最初に可能性が消えたのが巨人だった。

 1回目の交渉で4年30億円とも5年50億円とも言われたオファーをしつつ、前ヤクルト・ペタジーニとの交渉を並行。当時の渡辺恒雄オーナーは中村紀について「金髪を黒く」と発言したかと思うと「金髪なんてさまつな問題」と黙認姿勢を示すなどブレブレだった。

 程なくしてペタジーニの巨人入りが固まると、渡辺オーナーは「土下座してまで来てもらわなくていい」と豹変。

 11月25日に行われた2度目の交渉が決裂すると「モヒカン、金髪はいらん。現場が欲しがるから黙ってた。本音を言えばああいうタイプの人間はいらん。いなくても勝つ(実際はリーグ3位でV逸)」と言いたい放題だった。

 巨人からは実際、11月中の結論をせかされていた。だが、中村紀の元には予想していなかった米大リーグ・メッツからのオファーも届いていた。


東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュース

次に読みたい関連記事「福岡ソフトバンクホークス」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月27日の野球記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。