【ボクシング】元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾 驚異の胸囲はバンタム級でも脅威だ!

【ボクシング】元WBC世界フライ級王者・比嘉大吾 驚異の胸囲はバンタム級でも脅威だ!
比嘉大吾
       

 元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(24)は「階級の壁」を突破できるのか。3月に白井・具志堅スポーツジムを離れ、6月30日付でWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)と同じAmbitionジム所属に。オンライン会見では「ボクシングにだけ集中できる環境を与えていただいた。やるからには絶対に世界王者になりたい」と新天地での意気込みを語った。

 2018年4月のWBC世界フライ級V3戦で、世界戦での日本人では初の失態となる前日計量失格で王座を剥奪されたこともあり、今後はバンタム級が主戦場となる。そこで懸念されるのが「階級の壁」だ。フライ級ではデビューから全試合KO勝利で世界王者になり、連続KOを日本タイ記録の「15」まで伸ばす強打を誇ったが、2つ上のバンタム級で一発で倒すボクシングができるとは限らない。だがオンライン会見に同席した野木丈司トレーナー(60)は「大吾の胸郭、上半身の骨格はバンタム級でも大きいほうだと思う」と話し、軽量級では並外れた体格を生かす方針だ。

 比嘉の試合直前の胸囲は1メートル弱で、バンタム級から3階級上の元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏(40)にも匹敵していた。拳で打ち合うのがボクシングの基本だが、試合ではクリンチなどのもみ合いも多い。野木トレーナーは、階級を上げて通用しなくなる原因は「競り合いで力負けする」ことだと分析する。比嘉は体の厚みを生かして逆に競り合いで相手を消耗させ、持ち前のパンチ力で仕留めるスタイルをつくっていくという。

 年内に2戦こなし、早期に世界挑戦してベルトを取り、バンタム級の頂点に君臨するWBAスーパー&IBF統一王者の井上尚弥(27=大橋)と対戦する青写真を描く。希代の日本人KOアーティスト同士の対戦が実現すれば、盛り上がりは必至。まずはバンタム級にアジャストする。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュース

次に読みたい関連記事「空手」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柔道」のニュース

次に読みたい関連記事「柔道」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。