巨人・松井秀喜がメジャー挑戦を表明!「5年50億円&監督手形」必死の引き留めも初志貫徹

巨人・松井秀喜がメジャー挑戦を表明!「5年50億円&監督手形」必死の引き留めも初志貫徹
2002年11月1日、大リーグ移籍表明記者会見に臨んだ松井

【球界平成裏面史(67) 松井FA編(1)】平成14年(2002年)11月1日早朝、日本列島は騒然となった。巨人の4番・松井秀喜外野手がFA宣言し、メジャー挑戦を表明するとの一報が流れたからだ。原辰徳監督の就任1年目、日本シリーズ西武を4連勝で下してからわずか2日目の衝撃。スポーツ紙、一般紙、ニュース番組、ワイドショーと松井一色だった。

 なぜ、ここまで大騒動になったのか。もちろん、松井が巨人の4番として堂々の成績を残していたからだ。この年、50本塁打を記録したが、当時の日本記録だった55本塁打の更新や3冠王が期待された。

 また、巨人の長い歴史でチームの顔が自らの意思でチームを去った例は一度もない。FA制導入前とはいえ、歴代の4番、川上哲治長嶋茂雄王貞治らと同様に巨人一筋で現役を終え、その後は監督就任が確実視されていた。それだけに松井がYGマークのユニホームを脱ぐことはまさに大事件だ。

 もちろん、読売新聞社も球団も手をこまねいていたわけではない。松井のメジャー願望を察知した数年前から引き留めに動いた。00年は8年60億円を提示。FA権取得前年の01年は5年50億円に加え、将来の監督手形まで振り出したとされる。松井は「1年ごとに勝負したい」と首をタテに振ることはなく、史上最高年俸の6億1000万円(推定)でサインすると、翌年取得するFA権の行使を明言。「巨人のユニホームを着るか…、アメリカに行ってみるか。二者択一です」とメジャー挑戦の可能性を口にした。複数年契約を断られた土井誠球団代表は「単年契約になって非常に残念」と肩を落とした。


あわせて読みたい

松井秀喜のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「松井秀喜 + ヤンキース」のおすすめ記事

「松井秀喜 + ヤンキース」のおすすめ記事をもっと見る

「松井秀喜 + 年俸」のおすすめ記事

「松井秀喜 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュース

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日の野球記事

キーワード一覧

  1. 松井秀喜 ヤンキース
  2. 松井秀喜 巨人
  3. 松井秀喜 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。