HKT48 約3か月ぶりの配信限定ライブで号泣

 福岡市を拠点に活動するアイドルグループ「HKT48」が5日、初めてレッスン場から配信限定ライブを行った。

 3月末に福岡市内のホールで開催した配信限定公演以来、約3か月ぶりのステージ。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回のライブに向けて開催した「ボーカルセレクション」で決定した9人のみ出演した。

 ソーシャルディスタンスを確保するために、3人ずつパフォーマンス。メンバーの森保まどか(22)もサプライズでピアノを演奏した。

 最後の曲が終わると、感極まったメンバーたちは涙を流し、坂口理子(25)は「会えない時間もSNSなどでみなさんがコメントをくださったり、配信を見に来てくださることが本当に支えになりましたし、それと同時に直接、みなさんの前で歌ったり踊ったりしたいなという気持ちが込み上げました」と心境を明かした。

 配信限定ライブは12日午後2時と、16日午後8時にも行う予定だ。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク