2016年7月31日に61歳で急死 「小さな大横綱」千代の富士の壮絶な最期

2016年7月31日に61歳で急死 「小さな大横綱」千代の富士の壮絶な最期
秋元梢(九重親方の次女)が作ったハンバーガーを食べる九重親方(左)
       

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(12)】 2016年7月31日、第58代横綱千代の富士の九重親方(当時)が61歳でこの世を去った。現役時代に優勝31回など数々の記録を打ち立て、大相撲で初となる国民栄誉賞を受賞。「ウルフ」の愛称で親しまれた大横綱の急死は、角界内外に大きな衝撃を与えた。創刊60周年を迎えた本紙連載「フラッシュバック」では、亡くなる直前まで人知れず闘病を続け、自らの職責を全うしようとした「小さな大横綱」の壮絶な最期を振り返る。 

 無敵の強さを誇っていた大横綱も、病魔には勝てなかった。7月31日午後5時11分、千代の富士死去。東京・墨田区の九重部屋前は一報を受けて集まった報道陣でごった返し、警察官が駆けつけるなど騒然とした雰囲気となった。遺体を乗せて都内の病院を出発した車は夜8時すぎに部屋へ到着。出迎えた部屋付きの佐ノ山親方(現九重親方、元大関千代大海)や弟子の力士らは涙を浮かべながら師匠を部屋の中へ運び込んだ。

 現役時代は精悍な顔つきと筋骨隆々の体から「ウルフ」の愛称で親しまれた。優勝31回、53連勝、通算1045勝など数々の大記録を打ち立て、89年には角界で初めてとなる国民栄誉賞を受賞。91年夏場所の引退会見では「体力の限界…」の“名言”を残した。誰もが知る偉大な力士の死を本紙は翌日発行の終面で詳報している。見出しは「昭和の大横綱死す 本紙だけが撮っていた“最後”の勇姿」。


東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。