【卓球】吉村真晴を直撃 五輪初採用の卓球混合ダブルスで日本は中国倒せるか

【卓球】吉村真晴を直撃 五輪初採用の卓球混合ダブルスで日本は中国倒せるか
オンライン取材に応じる吉村

 練習制限は問題ないのか。1年延期となった東京五輪に向けて、卓球男女代表が6月から合宿を再開。しかし新型コロナウイルス感染予防のため日本協会の方針で、当面はダブルスの練習ができない状態が続く。五輪で初採用となった混合ダブルスへの影響が気になるところだが、2016年リオ五輪男子団体銀メダルで17年世界選手権混合ダブルス金メダルの吉村真晴(26=名古屋ダイハツ)は本紙のオンライン取材で不安を一蹴。さらに長年ペアを組んだ“相棒”の素顔も公開だ。

卓球のナショナルチームは先月22日に東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を再開した。五輪代表は1月に発表された6選手の権利が維持され、来年に向けて調整を続けている。リオ五輪男子団体で銀メダルを獲得、石川佳純(27=全農)とペアを組んだ2017年世界選手権混合ダブルスでは優勝など実績がある吉村は五輪延期をどう受け止めているのか。

 吉村 やっぱり世界選手権を制したときはミックス(混合)ダブルスが東京五輪の種目になるという噂も聞いていたので(パートナーの石川と)「狙っていくしかないよね」「頑張ろうね」と話していた。でも、1月に代表が決まった時点で自分の中では区切りがついていたので、延期にも動揺しなかったし、代表選手に頑張っていただきたいと率直に思った。

 東京五輪で初採用の混合ダブルスは水谷隼(31=木下グループ)と伊藤美誠(19=スターツ)が選出された。昨年はコンビ結成から間もなくワールドツアーで優勝を飾るなど相性の良さは証明済みだが、世界選手権のような大舞台では経験がなく、来夏の五輪での実力は未知数。“ミックスの名手”はこのペアの強さをどうみているのか。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「卓球」に関する記事

「卓球」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「卓球」の記事

次に読みたい「卓球」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 卓球 W杯
  2. 卓球 世界卓球
  3. 卓球 女子

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。