あの松井秀喜氏が一度だけ感情を大爆発させた日

あの松井秀喜氏が一度だけ感情を大爆発させた日
拡大する(全1枚)
松井秀喜氏

【メジャー回顧録(6)】現在ヤンキースGM特別アドバイザーとして米国で若手指導に励む松井秀喜氏(46)。現役引退後も多くのファンに愛され、今なお監督待望論が巻き起こるのも自身の持つ人柄ゆえだろう。その中でも彼の一番の魅力は何か。取材経験から真っ先に脳裏に浮かぶのは「どんな局面でも相手に敬意を示し、喜怒哀楽の感情を表に出さないこと」である。

 普段から温厚な松井氏。日々熱戦を繰り広げるグラウンド内でもその姿勢は不変だった。2003年、ヤンキース本拠地デビュー戦で満塁弾を放った時も淡々とダイヤモンドを一周。大観衆のカーテンコールに応えたものの、派手なパフォーマンスは一切なかった。

 相手投手の厳しい内角攻めに遭っても、打席内からにらんだり挑発したことは皆無。不振が続き「ゴロキング」と米メディアから揶揄された時期でも報道陣に怒りをぶつけたことはない。むしろ「打てない自分が悪い」と割り切り、何事もなかったように翌日の試合に臨む。内心で怒りが込み上げても、決して人前で悪態はつかない。個性的な人物が集うヤンキースという名門チームで長年一人の敵もつくらなかったのも当然だろう。

 そんな松井氏もメジャー時代、一度だけ試合で感情を爆発させたことがある。03年10月に行われたリーグ優勝決定シリーズ第7戦(対レッドソックス)8回裏一死二、三塁。ポサダの中前打で二塁走者だった松井氏が同点のホームを踏むと、そのままジャンプ、直後に両手でガッツポーズを見せた場面だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松井秀喜のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松井秀喜」に関する記事

「松井秀喜」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松井秀喜」の記事

次に読みたい「松井秀喜」の記事をもっと見る

野球ニュースランキング

野球ランキングをもっと見る
お買いものリンク