【新日本】8月下旬にも〝真夏の野外決戦〟関東で開催! コロナ禍のピンチをチャンスに

 プロレス界の盟主団体の次なる一手は――。新日本プロレスは11日と12日の2日間にわたり大阪城ホール大会を開催。新型コロナウイルス禍による活動自粛を経て、136日ぶりの有観客試合となった。かつての超満員の光景はなくとも新様式のプロレスを観客に届け、着実な一歩を踏み出した。ただ、これだけでは終わらない。新日本の菅林直樹会長(56)は今夏に、新たに屋外ビッグマッチを行う計画があると本紙に明言。ウィズコロナ時代の「真夏の野外決戦」実現が急浮上している。

 新日本は2月26日沖縄大会を最後に自粛期間に突入し、6月15日から無観客試合で活動を再開。徹底した新型コロナウイルス感染予防対策を講じた上で、有観客試合に移行した。客席は収容人数の約3分の1にとどめ観客の間隔を確保し初日3318人、2日目3898人の観衆を動員した。

 観客にはもちろん出場選手にもできる限りの予防措置を取った。全員がバスで移動し、滞在中の外出は必要最低限にとどめることが義務づけられた。大会前日に発熱の症状があった鈴木みのる(52)は、抗体・抗原検査が陰性でも大事を取り出場しなかった。

 観衆には大声での声援・応援の自粛を要請し、活動自粛前の会場で定番だったカウントをともに数える「ワン・ツー・スリー」の合唱は消えた。代わりに手拍子が起きる新たな応援方法が見られた。開催の陣頭指揮を執った菅林会長は大会前の東京を中心とした感染者増加に触れ「この辺(胃)が日々ジリジリする思いでやってました」と明かしつつ、2日間を終え安堵の表情を浮かべた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新日本プロレス」に関する記事

「新日本プロレス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新日本プロレス」の記事

次に読みたい「新日本プロレス」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク