大相撲7月場所 観客入れ開催 新大関の朝乃山「春場所は無観客で寂しかった」

 日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、大相撲7月場所(19日初日、国技館)に観客(上限2500人)を入れて開催することを正式に決定した。

 大相撲の本場所の開催は3月の春場所以来4か月ぶり。観客動員は1月の初場所以来6か月ぶりとなる。この決定を受けて、新大関の朝乃山(=高砂)は以下のようにコメントした。

「1人でもお客さんが入ってくれると、僕らもうれしい。春場所は無観客で寂しかったので。今回は人数限定で開催されると僕も聞きましたので、見に来てくださる方はコロナに気をつけて応援に来てほしい。(開催が正式に決まって)より一層気持ちも高まる。この地位(大関)では初めての場所なのでしっかり準備をして期待に応えたい」

編集部おすすめ

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大相撲」に関する記事

「大相撲」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「大相撲」の記事

次に読みたい「大相撲」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク