テレ朝「サンデーステーション」長野智子アナ〝クビ切り〟の波紋

テレ朝「サンデーステーション」長野智子アナ〝クビ切り〟の波紋
長野智子アナ
       

 テレビ朝日系報道番組「サンデーステーション」の看板キャスターだった長野智子アナ(57)の〝クビ切り〟ともいえる番組降板が波紋を呼んでいる。

 本紙既報通り、サンステは10月改編で、現在の午後4時台から、午後9時のゴールデンに昇格することが明らかに。メインだった長野アナが降板し、後任には「報道ステーション」の小木逸平アナ(46)と森川夕貴アナ(26)が起用される。

視聴率争いで日本テレビを追いかけるテレ朝にとっては、再びサンステをゴールデン枠に戻し、報道番組に力を入れることで、目指す視聴率3冠王争いに勢いをつけたい狙いがある」(テレビ局関係者)

 一方、もう1つ隠された意図もあったという。「制作費の削減」だ。フリーの長野アナを使うよりは自前の局アナを起用すれば、当然、制作費を抑えられる。民放キー局はこのコロナ禍で広告収入が落ち込み、経費削減が至上命題になっているとあって、長野アナ降板となった。しかし、反発もあるという。

「番組の顔だった長野さんを切るのは局にとっても賭け。番組のイメージがガラッと変わるので、視聴者が付いてきてくれるか。小木アナは『報道ステーション』で富川悠太アナがコロナ感染で休んだ際、代役として良い仕事をし、視聴者の反応も良く、その貢献が認められたのは分かります。でも、スタッフとしては、『質が落ちた』と視聴者の評判が落ちるのが怖い。長野さんのように女性の知性派は貴重な人材ですからね」(関係者)

 実際に長野アナのもとには降板報道後、視聴者からの励ましの声も届いており、長野アナはSNSでも「温かいメッセージありがとうございます」と感謝を述べている。新生サンステが結果を残せるか。

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「報道ステーション + 竹内由恵」のおすすめ記事

「報道ステーション + 竹内由恵」のおすすめ記事をもっと見る

「報道ステーション + 徳永有美」のおすすめ記事

「報道ステーション + 徳永有美」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ひるおび」のニュース

次に読みたい関連記事「ひるおび」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 報道ステーション 徳永有美
  2. 報道ステーション 竹内由恵

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。