【JRA】記者が思うビワハヤヒデと浜田光正元調教師

【JRA】記者が思うビワハヤヒデと浜田光正元調教師
93年菊花賞を制したビワハヤヒデ
       

 我が家のシューズボックスに現在も居続けるレッド・ウィングのブーツ。コイツがどうしても捨てられない。極貧時代に買った4万円弱の代物だから? それも確かにあるかもしれないが、一番の理由はコイツが〝思い出の品〟だから。ビワハヤヒデが東上した93年の共同通信杯。いずれは名馬として名をはせるであろう彼を迎え入れるため、国分寺のマルイでこの靴を買い、早朝から東京競馬場に並んで指定席をゲットした。

 もう時効だからいいだろう。当時は〝馬券を買ってはダメ〟な大学生。レッド・ウィングのブーツはビワハヤヒデの馬券で回収する予定で、実際にそれに近い金額を回収できたのだが、馬単も3連単もある現在では結果も違ったはず。ビワハヤヒデが負けるなんて、まるで思ってなかったのだ(勝ったのはマイネルリマークでビワハヤヒデはアタマ差の2着)。

 記者がビワハヤヒデの姿を実際に見たのは93年の共同通信杯、ダービー、有馬記念、そして翌年の天皇賞・秋の4回。いずれも勝つことができなかった。だが、共同通信杯以外は本命視もしておらず、有馬記念では名勝負と語り継がれるトウカイテイオーを全力で応援していた。その理由は今でも分からないが、共同通信杯のショックが尾を引いてしまった…ということにしておこう。抜群の安定感あるレース運びは隙がなく、崩れてほしいのになかなか崩れない〝憎きライバル〟というイメージだった。派手な追い込みで人気を博した同期のライバル・ナリタタイシンとは何とも対照的だ。しかし、競馬記者となり、本紙予想を担当するようになった現在ならどうだろう? これほど頼りになる存在はいない。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「東京競馬場」に関する記事

「東京競馬場」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「東京競馬場」の記事

次に読みたい「東京競馬場」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月22日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 東京競馬場 イベント

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。