【WWE】〝毒蛇〟オートンが「サマースラム」でのWWE王座挑戦を表明「俺のRKOを食らっても立っていられるか?」

       

【フロリダ州オーランド27日(日本時間28日)発】WWEのロウ大会が行われ、レジェンドキラーの〝毒蛇〟ことランディ・オートン(40)が、新たな標的をWWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)に定め、真夏の祭典「サマースラム」(8月23日)での挑戦を表明した。

 オートンは先週大会の非公式試合で、R指定の男・エッジ(46)、クリスチャン(46)に続き、〝大巨人〟ビッグ・ショー(48)をRKO葬。次なる獲物が注目されていた。

 オープニングに登場した毒蛇は、殺気に満ちた表情でマイクを持つや、こう語った。

「俺は数々のレジェンドを葬った。そして今、手に入れたいものは何だと思う? WWE王座だ。ドリュー・マッキンタイアは『レッスルマニア36』でブロック・レスナーを倒した。俺が『サマースラム』で挑戦するよ」

 実に2017年4月「レッスルマニア33」でブレイ・ワイアット(33)から同王座を奪取して以来の挑戦表明だ。オートンは2018年3月にUS王座を奪取して、WWEシングル王座「グランドスラム」の偉業を達成。以来、王座戦線から遠のいていたが、満を持して最高峰のベルトに狙いを定めた。

「ドリュー、お前は難題を抱えちまったな。俺の肩に担がれてRKOを食らっても、まだ立っていられる自信はあるかい?」と不敵な笑みを見せたオートン。毒蛇の挑戦表明により、WWE王座戦線は一気に火の手が上がってきた。

 また19日「エクストリーム・ルールズ:ザ・ホラーショー」の〝アイ・フォー・アイ・マッチ(目には目を戦)〟でレイ・ミステリオの右目を負傷させて再度病院送りにした〝マンデーナイト・メサイア〟ことセス・ロリンズ(34)は、自己の正当性を主張。ミステリオの息子ドミニクをリングに招き入れ、和解を要求した。


あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。