J1C大阪 ホームで猛攻も…FC東京とスコアレスドロー

       

 J1第9節C大阪―FC東京戦が9日、ヤンマースタジアム長居で行われ、ホームで勝ち点3を奪いたいC大阪は幾度もチャンスを作るも、FC東京ゴールを割ることができす、0―0のスコアレスドローに終わった。

 日本代表と東京五輪代表を兼務する森保一監督(51)が見守る中での一戦。C大阪にとって、最大のチャンスは前半11分だった。ロングボールを受けたMF清武弘嗣(30)が左サイドからクロスを供給。MF坂元達裕(23)が反応し、ゴール前でダイレクトシュートを放つも、今季初めてスタメンに抜擢されたFC東京のGK波多野豪(22)がビックセーブを披露。決定機を生かすことができなかった。

 後半に入っても、果敢にゴールを狙うC大阪イレブン。しかし、FC東京の堅い守備陣の前に最後まで得点を奪うことができない。後半アディショナルタイムにはFC東京に大ピンチを作られるも、C大阪のGKキム・ジンヒョン(33)が好セーブを見せ、引き分けに持ち込んだ。
 

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月9日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。