【WWE】アスカがベイリーに勝利!「サマースラム」でロウ女子王者サーシャに挑戦決定

       

【フロリダ州オーランド10日(日本時間11日)発】WWEのロウ大会が行われ〝女帝〟ことアスカ(38=華名)が、WWE女子タッグ王者でスマックダウン女子王者の2冠王ベイリー(31)に勝利。真夏の祭典「サマースラム」(23日)でロウ女子王者サーシャ・バンクス(28)に挑戦することが決定した。

 先々週大会で王者組の謀略によりリングアウトで王座を失った女帝は、先週大会でリマッチをを要求。王者は2冠王ベイリーとの対戦を指令して、勝てば挑戦を認めると高飛車に通達した。ベイリーには何のメリットもない試合だったが、2冠王として醜態はさらせない。試合は開始から王座戦のようなスピーディーな展開となった。

 黒を基調にしたコスチュームに一新したアスカは、開始からキックで猛ダッシュ。場外バリケードに叩きつけて先制した。一方のベイリーはグラウンド技、小刻みな蹴りと緩急をつけた攻撃でペースを奪いにかかる。
 それでも女帝は閃光魔術弾、ジャーマン、ヒップアタックの波状攻撃。ニーストライクをかわしてコーナーに宙ぶらりんにすると、走り込んでのフットスタンプで大の字にさせ、最上段からミサイル弾でリードする。

 しかしここでサーシャがエプロンから挑発。一瞬気を奪われたアスカはヒールホールドで捕獲されてしまう。さらにサーシャはベルトでアスカが痛めた右足を痛打。それでも女帝は強引にアームバーを決める。さらにベイリーが裏足4の字固めに出ると逆にヒールホールドで返して、ダブルニースタンプでダメージを与えた。

 勝負と見たアスカは裏拳から二段蹴り。最上段からのエルボードロップ、サンセットボムをカウント2で返すと、一気に背後に絡みつき必殺のアスカロックでタップを奪って勝利。最後はセコンドのサーシャも飛び込む余地がないほどの速攻勝負だった。

 これで「サマースラム」での挑戦正式が決定。ベイリーの介入など難題は多いものの、女帝が復権に向けて大きな一歩を踏み出した。

「サマースラム」は日本時間24日、WWEネットワークで配信される。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月11日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。