退団通告メッシ 年俸100億円超え!異次元〝争奪戦〟の行方

       

 また、イタリア1部インテルも有力候補。同国メディア「カルチョ・メルカート」は、オーナーである中国・蘇寧グループの資金を投入してメッシ獲得に乗り出す動きがあると報道。同社は4兆円の売上高を誇る中国屈指の大企業だけに、マンCにも資金力では負けない。さらにイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドやフランス1部パリ・サンジェルマンなどのビッグクラブも候補に挙がっている。

 ただ、これらはメッシがまだ欧州の第一線でのプレーを望む場合。もしキャリアの終盤を見据えて〝カネ〟を重視すれば、全く異なる新天地候補が急浮上してくる。

「一番金を出せるのはカタールだろう。王族が関わるクラブなら〝国策〟として力を入れるし、W杯に向けた事業の一環にもなる。チャンスがあるとなれば桁違いの条件を出してくるだろう」と大手広告代理店関係者は指摘する。

 カタールは国家戦略としてサッカーの強化を図り、アルドハイルなど強豪クラブは王族が所有。王族所有のテレビ局が国内リーグの放映権も持ち、メッシ獲得によるビジネス面での効果は計り知れない。もちろん膨大ななオイルマネーもある。年俸だけでも150億円前後の破格オファーを出す可能性もありそうだ。

 日本のファンからすれば、盟友のMFアンドレス・イニエスタ(36)が所属するJ1神戸が獲得に動くことも期待される。だがマネーゲームでは分が悪いうえ、スポンサーを務める楽天とバルサの蜜月関係を考えると、バルサ色が強いクラブをメッシは選びにくい。神戸側も獲得に否定的だ。

 空前の大乱戦となりそうなメッシ争奪戦。唯一無二の存在、動く金額の大きさを考えると、落ち着くにはまだまだ時間はかかりそうだ。

当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月27日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。