メッシと〝ケンカ別れ〟なら名門バルセロナ「バブル崩壊」危機

       

 そんな大エースがいなくなれば「資産価値が大幅にダウンしてもおかしくない」(前出関係者)。米誌「フォーブス」が発表した最新のスポーツチームの資産価値ランキングで、バルセロナは全体8位、サッカーチームではライバルのレアル・マドリード(スペイン)に次ぐ2位の40億2000万ドル(約4280億円)と算定されている。だがメッシを失えば少なくとも10%前後の下落が予想されており、そうなれば約400億円にあたるクラブ価値を失うことになるのだ。

 さらにメッシはジョゼップ・バルトメウ会長(57)をはじめとした現体制との確執も取りざたされており、クラブへの批判が高まれば名門の看板に傷がつくことは確実。すでに本拠地カンプノウ周辺では抗議デモも起きており、一連の騒動が長引けばイメージダウンにより資産価値の下落幅はさらに大きくなる。

 このままメッシとケンカ別れなら、名門凋落の始まりとなりそうだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メッシ」に関する記事

「メッシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メッシ」の記事

次に読みたい「メッシ」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月28日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. メッシ Instagram
  2. メッシ twitter
  3. メッシ アルゼンチン代表

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。