【日本女子プロ選手権最終日】永峰咲希がメジャー初優勝 見せた〝中間管理職〟の意地

“中間管理職”が意地を見せた。女子ゴルフの国内メジャー「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」最終日(13日、岡山・JFE瀬戸内海GC=パー72)、4位から出た永峰咲希(25=ニトリ)が69で回り、通算12アンダーでツアー2勝目を飾り、初のビッグタイトルを獲得した。アマ時代から活躍している選手も多い1995年度生まれは“隠れた黄金世代”とも言われるが、最近は下の世代の突き上げに押され気味。そんな歯がゆい状況を打破する原動力となったものとは――。

「緊張して、いっぱいいっぱいでした」。一時は通算14アンダーまでスコアを伸ばし、2位に3打差をつけて首位に立った永峰だが、12番パー4で3パットのボギー。16番パー3でも再び3パットのボギーとし、後続に詰め寄られた。

 先にホールアウトし、最終組のプレーを待つ展開。コースまで車で40分というご当地プロの田辺ひかり(23=伊藤園)が18番のバーディーパットを外した時点で優勝が決まった。「私が最終ホールのバーディーパット(約4メートル)を決めれば、優勝はほぼ確実だったのに、決めにいけなかったところは残念でした」。優勝したとはいえ、最後でわずかに顔を出した弱気を悔いた。

 柏原明日架(24=富士通)や堀琴音(24=ダイセル)と同い年。2人とともにナショナルチーム(アマ日本代表)のメンバーだったが「モットーは人に迷惑をかけないこと」という控えめな性格もあってか、やや目立たない存在だった。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「永峰咲希」に関する記事

「永峰咲希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「永峰咲希」の記事

次に読みたい「永峰咲希」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月14日のゴルフ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ゴルフツアー、賞金王、試合の結果などゴルフにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。