キスマイ宮田 初のアフレコで不安と充実感「気持ちよく全力でぶつかれた」

キスマイ宮田 初のアフレコで不安と充実感「気持ちよく全力でぶつかれた」
完成披露試写会に登場したキスマイ宮田
       

 ジャニーズグループ「Kis―My―Ft2」の宮田俊哉(32)が19日、東京・新宿区のバルト9で行われた映画「劇場版BEM~BECOME HUMAN~」完成披露試写会に登場した。

 同作は往年のヒットアニメ「妖怪人間ベム」の生誕50周年を記念して、2019年に新たな要素を加えて制作されたテレビアニメ「BEM」の劇場版。声優の小西克幸が「ベム/ベルム」役、M・A・Oが「ベラ」役、小野賢章が「ベロ」役を演じた。登壇した小西は「アフレコしたのは去年の12月で、そのころはコロナもなかったので、無事に公開できてよかったと思います。みなさんに見ていただかないと作品として成立しないのでね」と公開できた喜びを語った。

 ベルムの親友でお調子者の「バージェス」役を演じた宮田は「僕が散々アニメを見て、声を聞いてきた人と一緒に並ぶということだけで緊張しています」とあいさつした。

 声優業は初めて。「昔からアニメが好きで、最初は『ちょっとできないよと、さすがに無理です』と。でも、すごくうれしいことでした。ちゃんとレッスンする環境をつくってもらえないと、作品を台無しにするプレッシャーもありましたが、レッスンを受けました。気持ちよく全力でぶつかれたと思います」と振り返った。

 印象に残ったレッスンを聞かれると「台本をめくるのも『紙の音がマイクにのるからダメだよ』と言われました」と、アフレコの難しさを語った。

 そんな宮田に小西が「声優のお仕事は『距離感』を出すのが難しいんです。でも第一声ですぐにつかまれてたので、すごくうまいなと」と言うと、小野も「確かに。『おーい』って呼びかけるシーン、うまかったので、この人すごいと思いました」とべた褒めだった。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。