【WWE】アスカが2日連続でゼリーナ・ベガを破りロウ女子王座防衛!2日で異例の3王座戦乗り切る

       

【フロリダ州オーランド28日(日本時間29日)発】WWEのロウ大会で〝女帝〟ことロウ女子王者のアスカ(38=華名)が、前夜の「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」で退けたゼリーナ・ベガ(26)とのリマッチに臨み、2日連続で王座防衛に成功した。

 アスカはバックステージのインタビューで「もう一度やれば負けないわ」と豪語していたゼリーナに激怒。「何や、お前。誰もアスカ様にはかなわんのじゃ。何なら今からもう1回、やったろうやないか!」と、王者としてはかなり大人げないものの、とにかく2日連続の王座戦が緊急決定した。

 ゼリーナはいきなりマウントを取るとパンチの嵐。しかし王者はすぐさまアームバーで切り返す。挑戦者は高度なメキシカンストレッチを繰り出すなど、初挑戦の前夜より明らかに動きがいい。アスカの左肩にローキックの集中砲火、スタンドで飛びつき式アームロックを決めるも、女帝は脳天砕き、ポップアップニーストライクからヒップアタックで反撃する。

 最後は月面水爆をヒザで受け止めるや、すかさず必殺のアスカロックで絞め上げ、タップを奪った。これで昨夜のスマックダウン(SD)女子王者ベイリー(31)への挑戦を含めると、実に2日で3王座戦をこなしたことになる。もはやアスカなしでは、WWE女子は成立し得ない存在となってしまった。

 同時に新しい動きもあった。大ベテランのナタリア(38)とラナ(35)が第2試合後に登場。ドクターストップのため前夜のPPV大会のWWE女子タッグ王座戦が中止となった王者のナイア・ジャックス(36)、シェイナ・ベイズラー(40)組の王座剥奪を要求したのだ。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。