ビーレフェルトMF堂安律は後半44分までプレー「自分の良さが出るような試合展開ではなかった」

       

 ドイツ1部リーグで3日、ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)はアウェーで行われたブレーメン戦で後半44分までプレーした。チームは0―1で今季初黒星。堂安は「自分の頭を越すボールが多かった。自分の良さが出るような試合展開ではなかった」と悔しそうだった。ブレーメンの同FW大迫勇也(30)は出場機会がなかった。

 シュツットガルトの同MF遠藤航(27)は1―1で引き分けたホームのレーバークーゼン戦で開幕から3試合連続でフル出場した。

当時の記事を読む

堂安律のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「堂安律」に関する記事

「堂安律」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「堂安律」の記事

次に読みたい「堂安律」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月4日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。