兄・憂が見た堂安律という男 G大阪に決めたのは〝お告げ〟があったから

兄・憂が見た堂安律という男 G大阪に決めたのは〝お告げ〟があったから
兄の憂が堂安の“過去”を振り返った
       

 ドイツ1部ビーレフェルトの日本代表MF堂安律(22)はどんな進化を遂げてきたのか。兄で関西リーグのおこしやす京都ACに所属するMF堂安憂(24)が、欧州トップリーグで活躍する選手に成長した弟のこれまでの姿を振り返った。後編では、Jクラブ下部組織による堂安の大争奪戦が繰り広げられる中で最終的にG大阪入りの決断に至った意外な“理由”を明かした。

 地元クラブで成長を続けた堂安は中学へ進学するころ、C大阪や名古屋などJクラブの下部組織からオファーが届く存在となっていた。C大阪については小学校4年でセレクションを受けて不合格となった経緯から即決で断りを入れた一方、どのクラブに入団するかは迷い続けた。

 憂は、堂安が決断した当時をこう語る。「ガンバ(大阪)に行ったのは(名古屋)グランパスとか、ほかの候補もある中でかなり迷っていたけど、決めてないといけない前日の夜に活躍している夢を見たから。朝起きてオカンに(弟が)『夢にガンバが出たからいくわ』と言ったみたい」

 もちろん、堂安ならどのクラブでも大成しただろうが、“夢のお告げ”に導かれたG大阪では努力と環境がかみ合って飛躍的な成長を遂げた。高校2年時には、元日本代表FW宇佐美貴史(28)、同MF井手口陽介(24=ともにG大阪)らのように飛び級でトップチームに昇格。憂は「律もうまかったけど“異次元”だった宇佐美、井手口のように飛び級とまで思わなかったのでびっくり。でも飛び級してから一気に抜けた感はあった」と振り返った。


あわせて読みたい

堂安律のプロフィールを見る
東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュース

次に読みたい関連記事「柴崎岳」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュース

次に読みたい関連記事「井手口陽介」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中村俊輔」のニュース

次に読みたい関連記事「中村俊輔」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。