【京都大賞典】現実味を帯びてくるキセキ復活V「宝塚記念の走りがいいきっかけになれば」

【京都大賞典】現実味を帯びてくるキセキ復活V「宝塚記念の走りがいいきっかけになれば」
3年ぶりの勝利を目指すキセキ。完全復活の時はもう間近だ
       

【京都大賞典(日曜=11日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)栗東トレセン発秘話】芝の状態を示す新たな指標として、JRAは先月11日から「クッション値」を公表している。クッション値の数値が高ければ馬場が硬く、逆に低ければ軟らかいことを示す。4回中山開催を例に取ると、クッション値はおおむね9~10台と標準からやや硬めで推移。そういう馬場なら時計も出そうなものだが、実際は「今の中山は例年以上に時計がかかる」との声が多かったのはなぜなのか?

「時計がかかるといっても、その理由はひとつじゃないからな」とは先週のスプリンターズSにモズスーパーフレアを出走させた音無調教師だ。

「馬場が硬いのに、時計がかかるということは、芝丈の長さが関係しているんじゃないかな。雨の影響を受けた今年の高松宮記念と、今の中山を一緒にはできない」

 なるほど、馬場読みひとつ取っても、先入観にとらわれないことが大事なようだ。

 先入観といえば、GⅡ京都大賞典に出走するキセキの前走にも驚かされた。古馬になってからは前々で運ぶイメージが強かった馬だが、宝塚記念で鞍上・武豊が選択したのは、それとは真逆の競馬だったからだ。

「ユタカさまさまですよね。(脚を)ためにくい馬だし、跳びの大きな馬でもある。ああいうことができる人は、そうはいないでしょう」と角居調教師。鮮やかな名手の手綱に敬意を表しつつ、「あの一戦がいいキッカケになれば」と期待を込める。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。